なんとなく元気が出ない冬季うつ?冬ばて?

日常のケア
冬の花ボケ

寒さが厳しくて外に出るのが億劫になったりしていませんか?

しっかり眠れていますか?

 

お正月明けごろからは、

気温差や疲れが抜けずない

「冬バテ」

やる気が出なくて眠気が抜けない

「冬季うつ」

の症状が出やすくなる時期です。

 

日常生活を送るのが辛いくらいになっているのなら病院へGO!ですが、

「なんだかちょっとだけいつもと違う」程度でしたら、今のうちに手を打ちましょう。

 

まずは体の内側を温める。

冬の不調の多くは、冷えが原因。

体を温めるものを摂って、体を動かしてください。

太陽の光を浴びるのも効果的です。

幸せホルモンのセロトニンの分泌が促されますよ。

それによって自律神経のバランスが整い、気持ちの乱れも落ち着いてくるはずです。

  

ハーブティーでしたら、

・エルダー

・シナモン

・ジャーマンカモミール

・ジンジャー

などの、温め系がおすすめです。

 

アロマバスも良いですね。

香りのリラックス効果と入浴による温浴のダブル効果。

・オレンジスイート

・ベルガモット

・ローズマリー

 

そして、どうやらこのような季節性の不調は「苦手な季節」に起こりやすいようです。

もともと冷え性の方が多い女性には、寒さって辛いですものね。

 

私は、冬好きで寒さの中に出ていくのが好きなので冬バテは感じません。

反対に、暑いのが苦手なので夏バテは深刻です。

  

「病は気から」

とはよく言ったもので、苦手意識があると体にも影響が強いのかもしれません。

 

不調対策をしっかりしながら冬の愉しみも探してみては?

まず明日の朝は、大きく窓を開けて太陽の光を浴びて、寒中の澄んだ冷たい空気を吸い込んでみてくださいね。

冬の醍醐味を感じることができますよ。

  

ロク
ロク

メルマガ 月の暮らしのお申し込みはこちらから