低気圧不調が起こったら

日常のケア
秋の花

台風や雨が近付くたびに、
頭痛や肩こりが起こっていませんか?

低気圧の影響はあなどれない

「なんだか頭が重い」

「肩がこる」

「関節が痛い」

なんて気がしているなら、低気圧の影響かもしれません。

意識していなくても私たちの自律神経は、
血管を収縮させたり(交感神経優位)
拡張させたり(副交感神経優位)して
心身のバランスを整えています。

そのバランスに影響を与えるのが低気圧。

交感神経が優位になって、
肩こりや頭痛、体の痛みを起こしたり、

副交感神経が優位になって、
眠気やだるさを起こしたり、

物理的な影響で三半規管に影響が及び、
めまいや吐き気が起こったり、

気圧の直接的影響でむくみやすくなったり、

なかなか気になる症状を引き起こしてしまう低気圧。

今回は台風の動きもゆっくり。
不調が長く続くなんてまっぴらです。

簡単な対処で楽になりたいですね。

最も簡単なのは、
ふか~くふか~く深呼吸をすること。
それだけで自律神経に働きます。

そして、可能ならば精油の香りをプラスして深呼吸。

精油は自分の好きなもので構いません。
おすすめするとすれば
・ローズ
・クラリセージ
・マジョラム
・ラベンダー
花から吸収された精油の成分が脳にダイレクトに働きかけます。

ハーブティーを飲んでリラックスももちろんおすすめ。
・ジャーマンカモミール
・ダンデライオン
・レモングラス
・ミント類
リラックスと利尿作用で不快な症状改善を期待。

一見何の関係もありませんが、花を飾るのもおすすめします。

花を見て心が明るくなるということは、
脳にプラスの影響が与えられているということ。

花屋さんで、好きな花を選ぶ時間から
気分が変わっていきますね。

もちろん庭の花を飾るのも素敵。

DSC_0582

私も秋の野の花を集めてみました。

気圧の変化に簡単に対応して、
不調改善できますように!

ロク
ロク

メルマガ 月の暮らしのお申し込みはこちらから