ハーブは香りでうっとり見てうっとり

栽培
ローズ

見沼氷川公園のハーブ園は花盛りです。
ハーブ友の会の作業でも、
きれいな花が咲いているとやる気が少し増すような気が・・・

ハーブの花は、食べたりできるものも多く、
収穫して乾燥させる作業もしています。

うっとりする香りでハーブの女王と呼ばれるバラ

バラはやはり、ハーブの女王。
ハーブ友の会の会員さんが、
自宅で咲いていたバラをたくさん持ってきて下さいました。
甘く高貴な香りが充満。

来月のハーブフェアのために、花びらを乾燥させます。
見事!

ハーブを加工する作業の良さは、作業しながら癒されること。
バラの香りには、
神経過敏や悲嘆を癒したりする鎮静作用が期待出来ます。
そのような症状が無ければ、ただこの甘い香りが幸福感をもたらします。
バラをちぎりながら、みんなで幸せを感じる時間となりました。

マリーアントワネットも愛したコーンフラワー

見沼氷川公園のハーブ園には、
何色ものコーンフラワー(ヤグルマギク)が咲いています。

このブルーの花は、マリー・アントワネットが好んでいた花でもあります。

このまま食べられますし、ティーにも出来ます。
乾燥させても色が綺麗なので、これも収穫して乾燥させました。

効能としてはさほど強くはありませんが、
抗炎症作用や眼精疲労などに用います。

バラもコーンフラワーも、鮮やかで美しい姿。
ハーブの花を利用するのは、
効能効果にプラスした視覚的な幸福感が生まれます。
自分の中に花のエネルギーを取り入れられる気がしてきます。

6月19日の日曜日には、ハーブフェアを開催します。

お越しになって、ハーブの花で、植物の恵みを視覚からも吸収してください。

 

mooncycleprogram
mooncycleprogram

ムーンサイクルプログラム

30日間毎朝届く月のレシピで未来が変わる。

新月の前日から始まります。