起きたらまず良い始まりにしてほしい明日からの新月

ムーンサイクル
朝日、爽やか

明日4日午後4時44分に射手座での新月を迎えます。

新月のおすすめアクションについてはメルマガでお伝えしているのですが、こちらではそれとはまた別のことをお話しを。

 

仕事柄、「なんとなく不調」の方から相談を受ける機会が多くあります。

歳を重ねるにつれ、色々な不調が気になってきますよね。

それは、誰にでも起こりうることだと思います。

 

ただ、ちょっと気になるのは「不調探し」がクセになっているのじゃないかな・・・という方がいること。

見た感じ顔色も悪くないし声にも力があるのに、話してみると「眠れない」「疲れがとれない」と急に表情を曇らせてしまう。

「そう?顔色が良く見えるけど」と言うと「そうかなぁ・・・今日ちょっと疲れています」 

今日調子が悪いということは、昨日調子が悪かったのでしょう。その上、明日朝起きたらまたまた「今日もツラい」になってしまう可能性が。

 

かく言う私も毎朝のどんより感は否めません。でも一日中「今日も調子が悪いなぁ」と思わないようにしています。

「朝の心の持ちようがその日一日を左右する」

これはよく聞く言葉ですが、結構真実だと思います。

起きた瞬間すでに体のあちこちが痛かったり、頭が重かったりするのを無理やり「元気だ!」と思うのは無理ですけれど、「体がガチガチだから、特別に朝からご褒美でカモミールバニラ飲んじゃおうかな~」とか別の方向に持って行くようにしています。

 

実際私は大雑把で元気いっぱいなタイプではなく、HSP(Highly Sensitive Person=とても敏感な人)のテストで高得点を出てしまうくらいなので、気になるととことん考えてしまったりします。

ちょっとした変化や刺激も苦手なので、なるべくそれを減らす努力もしています。

・体調が悪ければまず医師の診察を受ける

・なるべく毎朝同じ状況を繰り返す

これでだいぶん楽になりました。

朝起きて体調が悪くても「病気ではない」という安心があれば「体調が悪い」にフォーカスしなくて済み「特別に朝からカモミール・・・」などという方向に持って行けるのです。

先日起きた瞬間頭がズキズキしましたけれど「このズキズキがお昼まで続いたら宝くじ一等が当たる」とか言い聞かせてみました。幸か不幸か、すぐ治まっちゃいました。

 

一日中不調から目をそらすのではなく、朝だけでも気持ちの持ちようを変えてみる。だいぶん違います。動き出したら朝の不調が薄れていきます。

 

朝から「今日も憂鬱だな」と思うとその通りの一日になっちゃいます。

「今日も調子が悪い」と思うと調子の悪い一日になります。

 

明日の新月から、年末まででもいいのでやってみませんか?

「なんとなく不調だけど、いいお天気だから深呼吸しちゃおう」とか。

  

出来ることから始めてみてください。

  

 

ロク
ロク

メルマガ 月の暮らしのお申し込みはこちらから