herbs

ハーブには多くの薬効があり、古くから世界中で使われてきました。
薬効や成分を書いた本はたくさんありますので、あくまでも個人的見解で各ハーブの説明をしています。

薬効や効能を目的にして飲んだのに良さが感じられないものもあれば、ふと手に取ったハーブティーが思わぬ効果をもたらすこともあります。

相性であったり、自然の力であったり、そういうものの存在は一筋縄ではいきません。
そんなハーブのお話を紹介いたします。

セントジョーンズワート

Hypericum perforatum 支配星:太陽 イエスに洗礼をした聖ヨハネの草という名のハーブで、聖ヨハネの日(6/24)頃に収穫すると最も薬効が高いと言われています。 西洋オトギリソウ。和名弟切草の由来は、平安...read more

タイム

Thymus vulgaris 支配星:金星+火星 はるか昔から「タイムの香りのするような」とは、高潔で勇気のある人に使われる褒め言葉です。 聖アグネスの祝日の前の晩(1月20日)、靴の片方にタイムの枝、もう片方にローズ...read more

コモンセージ

Salvia officinalis 支配星:木星 古くから長寿の薬とされ「長生きしたければ5月にセージを食べよ」という言い伝えがイギリスにあります。 古代、サルビア属は強力な魔力を持ち、ギリシャでは不死にする力があると...read more